男女

独自の提案力が職の未来を掴む|専門用語の翻訳サービスの全貌

他の言語へ訳す仕事

パソコンを操作する男性

事前に相談すると良い

企業の活動において、国境を超えた事業あるいは共同作業が増えています。これによって、特定の言語で書かれたドキュメントを他の言語に翻訳する作業が必要になります。このような場合に利用されるのが「翻訳サービス」を提供する会社です。このような会社は、依頼主であるクライアントから受けたドキュメントを、翻訳の専門家が別の言語へと訳す業務を行っています。このサービスを利用する際に、事前に知っておくとよいテクニックがあります。それは、ドキュメントがすべて完成してから翻訳サービス会社へ翻訳を依頼するのではなく、早い段階でサービス会社で相談するというものです。その理由は、言語によっては翻訳する際に文章構成が大きく変化するため、ドキュメントの最終的なレイアウトが大幅に変更になったり、注意書きなどの補足事項が必要になったりするためです。

単に訳すだけでは不十分

翻訳サービス会社を利用する際に、注意しておくべきポイントがあります。それは、そのサービス会社が得意とする分野を把握しておくことです。例えば法律関係のドキュメントを翻訳する場合、単に訳すだけでは相手側にその意味が通じない場合が多々あります。そのため、訳される先の言語を利用する国の法律についても精通している翻訳サービス会社を利用することが適切となります。特に、法律の専門用語の場合、直訳した単語では意味が通らない場合や、別の意味でとらえられてしまうケースなどがあります。同様に製品のマニュアルをほかの言語に訳す場合も、国によって製品の使い方のルールが異なる場合があります。したがって、翻訳サービス会社を利用する際には、単に訳すだけでは十分でない場合があることを留意しておくことが大切です。

Copyright© 2016 独自の提案力が職の未来を掴む|専門用語の翻訳サービスの全貌 All Rights Reserved.